中国文明起源解明の新・考古学イニシアティブ

更新情報・お知らせ

2021/07/29
8/11(水) 第10回領域セミナー「パンコムギの汎ゲノム解析と学際的文化進化研究」を開催しました
2021/07/09
研究成果に6月までの業績をアップしました
2021/07/07
7/22(木) 第9回領域セミナー「土器胎土分析の現在」を開催しました
2021/06/18
7/11(日) 第8回領域セミナー「地域と交流の再構築 民族誌、言語学からのアプローチ」を開催しました
2021/04/26
4/24(土)に中村慎一氏が「資源・水利・農業と政治統合―中国・良渚文化の事例から―」と題する招待講演を行いました
2021/04/11
第7回 領域セミナー「牧畜論と東アジア研究の視座」を開催しました
2021/03/24
第6回 領域セミナー「土器圧痕と植物考古学」を開催しました
2021/03/13
公募研究の文科省での提出期限は、 2021年3月31日(水)16時30分です
2021/03/13
《中国文明起源解明の新・考古学イニシアティブ》キックオフ・シンポジウムを開催しました
2021/02/28
【領域共催】シンポジウムを開催しました

研究の目的と戦略

 本研究の目的は、新石器時代晩期(紀元前3千年紀後半)(以下、「紀元前」を「前」と略)の中国に勃興した諸地方文明がやがて黄河中流域へと収斂し、青銅器時代初期(前2千年紀前半)には中国文明として開花する過程を解明することにあります。その目的を達成するためには、目に見えるモノから歴史を再構する考古学と、そのモノから目に見えない情報を引き出す考古科学とが対等な立場で協働する必要があります。それも単なる年代測定や動植物遺存体の種同定といったルーティンワークに満足するのではなく、地球化学や生命科学の最先端の分析手法を応用することで遺跡や遺物から最大限の情報を抽出し、これまで考古学では不可能とされてきた個人レベルでの歴史復元さえも可能にします。考古学研究をこれまでとは質的にまったく異なる高次元の総合歴史科学へと変革するのが「新・考古学イニシアティブ」(ここでの initiative は新規計画、構想、戦略の意)です。

 

【中国文明起源事務局】〒920-1192 石川県金沢市角間町 金沢大学人間社会4号館3階    E-mail : chugokubunmei@gmail.com