中国文明起源解明の新・考古学イニシアティブ

研究成果

氏名の下線は領域メンバー

A01班

2022年度

学会発表
  • 久米正吾・早川裕弌・山口雄治・アイダ アブディカノワ「天山山脈での移牧の始まりー初期牧畜民による高山草原地帯の開発をめぐってー」『日本西アジア考古学会第27回大会』2022年7月10日(帝京大学文化財研究所)
  • Shogo Kume, Yuji Yamaguchi, Yuichi S. Hayakawa. Examining early nomadic herders’ migrations to high pastures in the Central Tien Shan in the Bronze Age. Mathematical geographical modelling for environmental humanities: workshop in 2022. July 6, 2022 (Research Institute for Mathematical Sciences, Kyoto University)
  • Shinichi NAKAMURA. Moated settlements in Late Neolithic China and their social implication. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. Jul.3,2022 (Online)
  • Yumiko Murakami, Masashi Kobayashi. The ethnoarchaeological research on tops. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. Jul.3,2022 (Online)
  • Shinji KUBOTA, Masashi KOBAYASHI, Yoshiki MIYATA, Bin LIU, Ningyuan WANG, Minghui CHEN. The use of cooking pots in Liangzhu culture. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)
  • Akiko HORIUCHI, Yoshiki MIYATA, Shinji KUBOTA, Masashi KOBAYASHI, Nobuo MIYAUCHI, Bin LIU, Ningyuan WANG, Minghui CHEN, Yonglei WANG, Shinichi NAKAMURA. First molecular signature of common millet from the Liangzhu archaeological complex. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • 中村慎一2022「良渚遺跡群出土の異系統土器」中村慎一 編 『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp.3-10. 査読無
  • 中村慎一2021「資源・水利・農業と政治統合-中国・良渚文化の事例から-」『考古学研究』 68(3),pp.23-35. 査読有
  • 中村慎一2021「五千年前の巨大水利事業:中国良渚遺跡群のダムと水上都市」『狭山池のルーツ―古代東アジアのため池と土木技術―』,pp. 82-89. 査読無
  • 中村慎一2021「中国新石器時代文明の探求」『北陸と世界の考古学:日本考古学協会2021年度金沢大会資料集』,pp. 9-14. 査読無
  • 村上由美子・東村純子・趙曄・中村慎一2022「卞家山遺跡出土の木器」中村慎一 編『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp. 31-42. 査読無
  • 鶴来航介・浦蓉子・村上由美子・劉斌・王寧遠・王永磊・陳明輝2022「鍾家港遺跡・莫角山遺跡出土の木器」中村慎一 編『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp. 43-50. 査読無
  • 村上由美子・劉斌・方向明・丁品・王寧遠・中村慎一2022「廟前遺跡・馬家墳遺跡出土の木器」中村慎一 編『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp. 51-54. 査読無
  • 村上由美子・桃井宏和・趙曄2022「南湖遺跡出土の木器」中村慎一 編『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp. 55-62. 査読無
  • 村上由美子・蒋楽平・孫国平・中村慎一2022「尖山湾遺跡出土の木器」中村慎一 編『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp.63-64. 査読無
  • 久保田慎二・宮田佳樹・松永篤知・楚小龍・楊樹剛2021「二里頭文化の深腹罐と竈」『中国考古学』21、pp.3-19. 査読有
  • 久保田慎二2021「二里頭文化のイネと王権」『北陸と世界の考古学 日本考古学協会2021年度金沢大会資料集』,pp. 311-318. 査読無
  • 小林正史久保田慎二2021「東南アジア大陸部におけるウルチ米を蒸す調理の民族誌」『物質文化』101,pp. 9-32. 査読有
  • 久保田慎二2021「下七垣文化研究の現状と課題」大貫静夫 編『中国考古学論叢−古代東アジアへの多角的アプローチ−』同成社,pp. 81-100. 査読無
  • 角道亮介2021「中国初期王朝時代における『中心』の形成」北條芳隆ほか編『社会進化の比較考古学ー都市・権力・国家ー』(季刊考古学・別冊35)雄山閣,pp.55-68. 査読無
  • 飯島武次 監修、角道亮介・鈴木舞・大日方一郎・湯沢丈・菊地大樹 編2021『秦の淵源ー秦文化研究の最前線ー』株式会社外為印刷 査読無
  • 角道亮介2021「西周王朝と「族属」問題―腰坑の分析からみた被葬者の性格―」大貫静夫 編『中国考古学論叢−古代東アジアへの多角的アプローチ−』同成社 査読無
学会発表
  • 久保田 慎二齊藤希「新石器時代の黄河中流域における時間的枠組みと土器利用」『第3回《中国文明起源》領域全体会議』2021年3月12日(上智大学)
  • 中村慎一「五千年前の巨大水利事業:中国良渚遺跡群のダムと水上都市」『狭山池博物館歴史セミナー』2021年11月21日(大阪府立狭山池博物館)
  • 久保田慎二「二里頭文化の調理土器と穀物」『東アジア植物考古学の新潮流:日・韓・中・露における植物考古学研究の最前線』2021年10月23日(オンライン)
  • 久保田慎二「二里頭遺跡のイネと王権」『日本考古学協会2021年度大会 分科会Ⅳ「文明と王権」』2021年10月17日(金沢大学)
  • 中村慎一「中国新石器時代文明の探求」『日本考古学協会2021年度金沢大会』2021年10月16日(金沢大学・オンライン開催)
  • 小林正史久保田慎二「中国・韓半島・日本における主食調理方法の変遷と地域間交流」『日本中国考古学会中部部会・例会(第13回)・学術変革領域研究第8回領域セミナー「地域と交流の再構築 民族誌、言語学からのアプローチ』2021年7月11日(オンライン)
  • 久保田慎二「河姆渡文化の土器利用と米調理―残存脂質分析との協働―」『2021年度 第1回東京大学MALTオープンセミナー』2021年7月9日(東京大学)
  • 角道亮介「秦人の都城遺跡」『秦の淵源:秦文化研究の最前線』2021年6月14日(東京大学)
  • 久保田慎二「中国におけるウルチ米を蒸す調理の考古資料と民族誌」『日本考古学協会第87回総会研究発表』2021年5月23日(専修大学)
  • 中村慎一「資源・水利・農業と政治統合-中国・良渚文化の事例から-」『考古学研究会第67回総会・研究集会』2021年4月24日(オンライン開催)
  • 久保田慎二「中国新石器時代長江下流域の生業とコメ調理」『早稲田大学考古学会2021年度大会公開講演会・研究発表会』2021年4月17日(早稲田大学)

2020年度

論文・研究ノート
  • 中村慎一・劉斌 編2020『河姆渡と良渚 : 中国稲作文明の起源』雄山閣 
  • 中村慎一2020「中国稲作文明の形成」『河姆渡と良渚:中国稲作文明の起源』雄山閣,pp. 353-365 
  • 秦小麗・中村慎一2020「玉器生産からみた良渚文化期の社会」『河姆渡と良渚:中国稲作文明の起源』雄山閣,pp. 169-178 
  • Katsunori Tanaka, Chunfang Zhao, Ningyuan Wang, Shinji Kubota, Masaaki Kanehara, Nobuhiko Kamijo, Ryuji Ishikawa, Hiroyuki Tasaki, Minako Kanehara, Bin Liu, Minghui Chen, Shin-ichi Nakamura, Tetsuro Udatsu, Cailin Wang, 2020. Classification of archaic rice grains excavated at the Mojiaoshan site within the Liangzhu site complex reveals an Indica and Japonica chloroplast complex. Food Production, Processing and Nutrition, Vol. 2(1). LINK
学会発表
  • 中村慎一「新石器時代晩期における地方文明間の威信材交換」『学術変革領域《中国文明起源》キックオフシンポジウム』2021年3月13日(オンライン開催)
  • 中村慎一「学際研究から探る中国稲作文明の起源」『金沢大学超然プロジェクト「古代文明の学際研究の世界的拠点形成」シンポジウム』2021年2月28日(オンライン開催)

A02班

2022年度

論文・研究ノート
  • 飯塚義之2022「ポータブルXRFを用いた古代金属器化学成分分析の実際」鈴木舞 編『契丹金工品の調査と研究―日本所蔵コレクションを中心に―』,東京大学付属図書館アジア研究図書館研究開発部門,p.5-16. ISBN 978-4-910718-01-9 (https://ci.nii.ac.jp/ncid/BC14916256). 査読無
  • Wang KW, Y Iizuka, C Jackson, 2022. The production technology of mineral soda alumina glass: a perspective from microstructural analysis of glass beads in Iron Age Taiwan. PLOS ONE, https://doi.org/10.1371/journal.pone.0263986 F. 査読有
  • 鈴木舞・飯塚義之2022「契丹の金工技術(第2報・後編)――東京大学文学部考古学研究室所蔵金属製帯金具の金属成分―」『FUSUS14』, pp. 104-109. 査読有
  • 南武志・高橋和也2022「旧練兵場遺跡他出土赤色顔料(朱)の硫黄同位体比分析」香川県埋蔵文化財センター 編集『県立善通寺養護学校移転に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書』旧練兵場遺跡(第26次調査)第2分冊,香川県教育委員会,pp. 391-403. 査読無
学会発表
  • Ayako Shibutani. Archaeobotanical Evidence of Dietary Variation in Dental Calculus: Case Studies of Prehistoric Hunter-gatherers in Northern Japan. 9th World Archaeological Congress (WAC-9). July 8, 2022(Online)
  • Takeshi MINAMI, Kazuya TAKAHASHI, Yoshimi KAMIYA. The use of Chinese vermilion in ancient Japanese sites revealed by isotope analysis. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • 飯塚義之2021「東南アジア先史時代のネフライト製石器の研究」『考古学研究』68(269),pp.107 – 109. 査読有  LINK
  • 塚義之・主税和賀子2021「九州大学総合研究博物館所蔵:玉泉館古代瓦資料の岩相学的研究」『九州大学総合研究博物館研究報告』(18),pp.15 – 37. 査読有  LINK
  • 松本圭太・飯塚義之・鈴木舞2021「内蒙古・長城地帯における青銅刀子の型式と金属化学組成:木村武山コレクション青銅刀子の調査を基礎に」『中国考古学(日本中国考古学会会誌)』21号,pp. 55-71. 査読有
  • 鈴木舞・飯塚義之2021「木村武山コレクションにおける契丹金工品」鶴間和幸編『木村武山と中国美術コレクション』学習院大学東洋文化研究所調査研究報告70号,pp. 133-152. 査読有
  • 松本圭太・飯塚義之・鈴木舞2021「木村武山コレクションにおける中国北方系青銅器」鶴間和幸編『木村武山と中国美術コレクション』学習院大学東洋文化研究所調査研究報告70号,pp. 49-131. 査読有
  • Wang KW, KT Li, Y Iizuka, YK Hsieh, C Jackson, 2021. Glass beads from Guishan in Iron Age Taiwan: bead exchange in Taiwan and between Southeast Asia. Journal of Archaeological Science: Reports, Vol. 35:102737. 査読有  LINK
  • Georjon C, U Aung Aung Kyaw, Daw Tin Tin Win, Daw Thu Thu Win, B Pradier, A Willis, P Petchey, Y. Iizuka, E. Gonthier, J Pelegrin, B Bellina, TO Pryce, 2021. Late Neolithic to Early-Mid Bronze Age semi-precious stone bead production and consumption at Oakaie and Nyaung’gan in central-northern Myanmar. Archaeological Research in Asia, Vol. 25:100240. 査読有  LINK
  • 飯塚義之2021「四環壺の化学分析とその解釈」『九州大学総合研究博物館研究報告』18号,pp. 9-13. 査読有 LINK
  • 飯塚義之・杉野森淳子・秦光次郎2021「非破壊化学分析法による青森県地域の縄文石器石材の化学分析(第2報)」『青森県埋蔵文化財調査センター研究紀要』 26号,pp. 1-6. 査読有  LINK
  • Ayako Shibutani, 2022. Scientific study advancements: Analysing Japanese historical materials using archaeobotany and digital humanities, Academia Letters, Article 4628. 査読有  LINK
  • 南武志・高橋和也2021「与呂木古墳から出土した頭蓋骨付着朱の硫黄同位体分析」三木市教育委員会 編『与呂木古墳・与呂木12号墳-与呂木青葉台団地造成に伴う発掘調査報告書-』三木市文化研究資料第35集,pp.35-39. 査読無
  • Takeshi Minami, Akinori Takeuchi, Setsuo Imazu, Masayoshi Okuyama, Yu Higashikage, Toshinori Mizuno, Kosaku Okabayashi, Kazuya Takahashi, 2021. Identification of Source Mine using Sulfur, Mercury, and Lead Isotope Analyses of Vermilion used in Three Representative Tombs from Kofun Period in Japan, Journal of Archaeological Science: Reports, Vol.37: 102970. 査読有  LINK
  • 南武志・高橋和也2021「みやき町大塚遺跡出土朱の産地推定」みやき町教育委員会 編『みやき町内遺跡確認・試掘調査報告書 5-平成30年・令和元年度における佐賀県みやき町内の確認・試掘調査記録-』みやき町文化財調査報告書第28集,pp.150-154. 査読無
  • 南武志、高橋和也2021「旧練兵場遺跡他出土赤色顔料(朱)の硫黄同位体比分析」香川県埋蔵文化財センター 編『県立善通寺養護学校移転に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書「旧練兵場」(第26次調査)』第2分冊,香川県教育員会,pp. 391-403. 査読無
学会発表
  • 鈴木舞・飯塚義之「木村武山コレクションにみる契丹金工品の製作技法と金属成分」『草原考古研究会2021年12月例会』2021年12月11日(オンライン)
  • 南武志「遺跡出土朱の産地推定のための超微量硫黄同位体分析システムの開発」『中国文明起源第12回領域セミナー』2021年11月20日(オンライン)
  • 渋谷綾子神谷嘉美南武志飯塚義之石田智子「威信材から読み解く古代中国の生業:環境復元のための物質文化研究」『第36回日本植生史学会大会 B:人と植物の関係史』2021年10月31日(オンライン)
  • Yoshiyuki Iizuka, Wakako Chikara, Yasuo Miyabuchi. Lithological study of ancient roof tiles in the Gyokusen-kan Collection of the Kyushu University Museum, Japan. 台湾考古学会2021年年会, Oct. 30, 2021.
  • 飯塚義之「東南アジアの玉器研究~ 化学分析から見えてきたこと~」『岡山大学文明動態学研究所第5回RIDCマンスリー研究セミナー』2021年10月20日(オンライン)
  • Yoshiyuki Iizuka. Metallurgical Study of Anyang Bronze Objects in the Academia Sinica Collection: Experimental Investigation of Bronze Casting Technology. オーストラリア国立大学 シリーズレクチャー:中国考古学(第18回), Oct. 6, 2021(Online)
  • 石田智子「土器胎土分析の現在」『中国文明起源第9回領域セミナー』2021年7月22日(オンライン)
  • 清水香・南武志・高橋和也・本多貴之「漆器に使用した朱の産地に関する実証的研究」『日本考古学協会第87回(2021年度)総会』2021年5月22日~23日
マスコミ報道
  • 2021年12月7日読売新聞栃木版 「根古谷台遺跡 装飾品素材渡来品か 出土の国重文 石材国内産出なく」(飯塚義之) 記事
  • 2021年12月3日下野新聞 「宇都宮・根古谷台遺跡からの出土 白色耳飾りなど22点分析」(飯塚義之) 記事

2020年度

学会発表
  • 神谷嘉美「材料分析から見たモノづくり技術と資源利用の実態把握」『学術変革領域《中国文明起源》キックオフシンポジウム』2021年3月13日(オンライン開催)

A03班

2022年度

学会発表
  • Nobuya Watanabe. Spatial simulation of the path networks in the Neolithic Period: A preliminary study. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022 (Online)
  • Masashi KOBAYASHI, Shinji KUBOTA. Cross-cultural comparison of normal rice steaming ethnographies: For better understanding of the Lianzhu Culture rice steaming. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022 (Online)
  • Yuko OKAWA. Inheritance of livelihood strategy: Lower Yangtze River and Hai dai area before the Tang dynasty. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022 (Online)
  • Koichi MURAMATSU. The Road to ZhongYuan in ancient China:Where did people and horse cross the Yellow river. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022 (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • 小林正史2022「つっかえ棒支脚の使い方」『後藤明先生記念論文集』雄山閣. 査読無
  • 小林正史2022「東南アジアと日本の民族誌におけるイロリ構造の比較」『北陸学院大学研究紀要』14,pp. 73-94. 査読無
  • 小林正史2022「稲作農耕民の民族誌における火処タイプの選択理由」『東南アジア考古学』41,pp. 41-56. 査読有
  • 小林正史・妹尾裕介2022「6~8世紀の主食調理法:ウルチ米蒸し調理と小鍋による湯取り法炊飯の組合せにみられる地域差」『新潟考古』33,pp. 123-142. 査読無
  • 小林正史・妹尾裕介2022「ススコゲからみた宮都の小鍋の使い方」『石川考古学研究会会誌』65,pp. 37-53. 査読無
  • 小林正史2021「ススコゲからみた唐古・鍵遺跡の深鍋によるオカズ調理方法」『人類誌集報』15,pp. 106-119. 査読無
  • 小林正史2021「総論 湯取り法炊飯から米蒸し調理への転換過程」『物質文化』,pp. 1-8. 査読無
  • 小林正史久保田慎二2021「東南アジア大陸部におけるウルチ米を蒸す調理の民族誌」、『物質文化』101,pp. 9-32. 査読有
  • 妹尾裕介・長友朋子・小林正史2021「近畿地方における造り付け竃導入期の米蒸し調理の選択的受容」『物質文化』101,pp. 33-50. 査読有
  • 小林正史・岩橋孝典・佐々木仁志2021「山陰におけるウルチ米蒸し調理の方法-ススコゲ分析から-」『日本考古学協会第87回総会研究発表要旨』,p.87. 査読無
  • 大澤正昭・村上陽子・大川裕子2021「農言著実テキスト研究」『上智史学』66号,pp. 35~70. 査読無
  • 大川裕子2021「水辺の暮らしを支えた植物―中国・長 江下流の環境史―(学術講演会報告要旨)」『上智史学』66号,pp. 79~80. 査読無
  • 村松弘一2022「環境変動と中国古代史―なぜ「帝国」は拡大・崩壊したのか」吉澤誠一郎監修・宮宅潔ほか編『論点・東洋史学:アジア・アフリカへの問い158』ミネルヴァ書房. 査読無
  • 千田大介・小島浩之・佐藤仁史・村松弘一ほか(共著)2021『デジタル時代の中国学リファレンスマニュアル』好文出版(担当:考古発掘をしらべる/日本・欧米の中国文物をしらべる/考古遺跡の地理環境をしらべる) 査読無
  • 村松弘一2021「東海琅邪郡界域刻石をめぐって~中国古代の海上交通と航路標識」『学習院史学』59号,pp. 89-108. 査読有
  • 村松弘一2021「江藤濤雄と中国文物-『関野貞日記』から」『淑徳大学人文学部研究論集』6号,pp. 69-80. 査読有
  • Kikusawa, R. and F. Sano (eds), 2022. Fijian Language, Culture, and Their Representation (Senri Ethnological Studies 108), Osaka: National Museum of Ethnology, p. 182. 査読有
  • Kikusawa, R. and F. Sano, 2022. Introduction. Fijian Language, Culture, and Their Representation (Senri Ethnological Studies 108), Osaka: National Museum of Ethnology, pp. 1-6. 査読有
  • Kikusawa, R., 2022. Linguistic Mapping and Historical Analyses: Vertical and Horizontal Transmission and Potential GIS Applications. Fijian Language, Culture, and Their Representation (Senri Ethnological Studies 108), Osaka: National Museum of Ethnology, pp. 75-100. 査読有
  • Kikusawa, R. and J. H. Lowry, 2022. Developing a Fijian Language Geographic Information System. Fijian Language, Culture, and Their Representation (Senri Ethnological Studies 108), Osaka: National Museum of Ethnology, pp. 101-108. 査読有
  • Kikusawa, R., 2022. A Pilot Research on Kadavu Data for the Fijian Language GIS Project. Fijian Language, Culture, and Their Representation (Senri Ethnological Studies 108), Osaka: National Museum of Ethnology, pp. 119-135. 査読有
学会発表
  • 村松弘一「河北回廊という空間-黄河下流域と戦国諸都市」『中国水利史研究会2021年度大会』2021年12月5日(大谷大学・オンライン開催)
  • 村松弘一「黄土の王、長江の王-春秋戦国時代の環境と王権」『三田史学会2021年度大会』2021年6月26日(慶應義塾大学・オンライン開催)
  • 小林正史・岩橋孝典・佐々木仁志「山陰におけるウルチ米蒸し調理の方法-ススコゲ分析から-」『日本考古学協会第87回総会』2021年5月(専修大学)
  • 小林正史・妹尾裕介・加藤雅士2021「古墳時代後期から古代(6~8世紀)の近畿地方における米蒸調理の重要性」『岡山考古学研究会第67回総会・研究集会』2021年4月24日(オンライン開催、ポスター発表)
その他
  • 葛剣雄 著、大川裕子 翻訳 2021「世界史の中の中国」『中国の歴史12:日本にとって中国とは何か』講談社文庫

2020年度

学会発表
  • 村松弘一「蔚県の歴史と環境(古代篇)」『緑の地球ネットワーク講演会』2021年2月27日(オンライン開催)
  • 村松弘一「石峁遺跡周辺の歴史地理と中原への道(試論)~人・馬・モノはどこで黄河を渡ったか」『中国文明起源第4回領域セミナー』2021年2月23日(オンライン開催)

B01班

2022年度

学会発表
  • Hiroki KIKUCHI. The Road of pastoralism: Aiming to propose a new historical perspective of Eastern Eurasian livestock culture. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • 菊地大樹2022「初期東部絲綢之路の駱駝」『金沢大学考古学紀要』第43号、pp. 59-66. 査読有
  • 飯島武次 監修、角道亮介・鈴木舞・大日方一郎・湯沢丈・菊地大樹 編2021『秦の淵源-秦文化研究の最前線-』株式会社外為印刷 査読無
  • Hitomi Hongo, Hiroki Kikuchi, Hiroo Nasu, 2021. Beginning of pig management in Neolithic China: comparison of domestication processes between northern and southern regions. Animal Frontiers, Vol. 11(3): 30–42. 査読有  LINK
  • 許開軒・江田真毅 2022「キジ科遺体の形態学的同定基準の作成とその適用〜出島和蘭商館跡出土資料の再検討〜」『動物考古学』39(印刷中) 査読有
  • 江田真毅菊地大樹丸山真史2022「弥生時代のニワトリが来た道を辿る」『考古学ジャーナル』766(印刷中) 査読無
  • Masaki EDA, Yu ITAHASHI, Hiroki KIKUCHI, Guoping SUN, Kai-hsuan HSU, Takashi GAKUHARI, Minoru YONEDA, Leping JIANG, Guomei YANG, Shinichi NAKAMURA, 2022. Multiple lines of evidence of early goose domestication in a 7000-y-old rice cultivation village in the lower Yangtze River, China. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol. 119 (12): e2117064119. LINK 査読有
  • Masaki EDA, 2021. Origin of the domestic chicken from modern biological and zooarchaeological approaches. Animal Frontiers, Vol. 11: 52-61. 査読有  LINK
  • 江田真毅 2021「大友府内町跡出土資料からみた中世日本のニワトリの大きさ」『北海道大学考古学研究室研究紀要』1号,pp. 41-50. 査読無
  • 江田真毅 2021「考古遺物から探る完新世の日本の鳥類」『時間軸で探る日本の鳥: 復元生態学の礎』築地書館,pp. 92-117. 査読無
  • 黒沢令子・江田真毅  編2021『時間軸で探る日本の鳥: 復元生態学の礎』築地書館. 査読無
  • Kai-hsuan HSU, Masaki EDA, Hiroki KIKUCHI, Guoping SUN, 2021. Neolithic avifaunal resource utilisation in the lower Yangtze River: A case study of the Tianluoshan site. Journal of Archaeological Science: Reports, Vol. 37: 102929. 査読有  LINK
  • 丸山真史2022「人と動物の関係史 ー動物考古学からみた家畜ー」『季刊考古学』雄山閣,pp.97-102.
  • 丸山真史菊地大樹 編2021『松井章著作集 動物考古学論』新泉社 査読無
  • Arai, S. 2022a. Neolithic bone tools and ornaments from Hacı Elamxanlı Tepe. In Y. Nishiaki, F. Guliyev and S. Kadowaki (eds.) Hacı Elamxanlı Tepe: The Archaeological Excavations of An Early Neolithic Settlement in West Azerbaijan. Berlin: ex Oriente. pp. 159-176.  査読無
  • Arai, S. 2022b. Neolithic animal remains from Hacı Elamxanlı Tepe. In Y. Nishiaki, F. Guliyev and S. Kadowaki (eds.) Hacı Elamxanlı Tepe: The Archaeological Excavations of An Early Neolithic Settlement in West Azerbaijan. Berlin: ex Oriente. pp. 195-224.  査読無
  • Nishiaki, Y., O. Aripdjanov, S. Arai, C. Akashi, H. Nakata, B. Sayfullayev, O. Engeshed and R. Suleimanov 2022. Neolithization during the 6th millennium BC in western Central Asia: New evidence from Kaynar Kamar Rockshelter, Hissar Mountains, Southeast Uzbekistan. Archaeological Research in Asia, Vol. 30: 100352. 査読有 LINK
学会発表
  • 菊地大樹「馬を飼う-中国古代王権の実像-」『愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター 第30回アジア歴史講演会』2022年2月(オンライン開催)
  • 丸山真史「弥生時代の動物利用ー唐古・鍵遺跡を中心に」『唐古・鍵考古学ミュージアム 2021年度秋季企画展「弥生の食卓~唐古・鍵遺跡の食事」シンポジウム:弥生時代の食文化を考える』2021年12月19日(田原本青垣生涯学習センター)
  • 丸山真史「何の動物の骨?-縄文人の食べ物を調べよう-」『おもしろ縄文講座』2021年11月23日(佐賀県佐賀市市立図書館多目的ホール)
  • 江田真毅「鳥と古代人のトリドリばなし~ニワトリ・「鵜」と弥生人、地上絵の鳥とナスカ人~」『群馬県立自然史博物館・企画展講演会』2021年11月7日(群馬県立自然史博物館)
  • Arai, S., A. Zeynalov, F. Guliyev and Y. Nishiaki. The beginning of livestock economy in the Southern Caucasus: New evidence from west Azerbaijan. The Neolithic Transition in the Caspian Sea Region. Nov. 6, 2021(Novosibirsk, Russia, online).
  • 菊地大樹「牧馬の育成-中国古代養馬史の再構築-」『「考古学からみた古代東アジアの馬利用」人文研アカデミー2021シンポジウム』2021年11月(オンライン開催)
  • 菊地大樹「中国古代の馬生産」『第三回奈良学友会関東支部主催講演会』2021年11月(オンライン開催)
  • 菊地大樹覚張隆史・種建栄「西周王朝的養馬業」『第三届中国考古学大会』2021年10月(オンライン開催)
  • 江田真毅「遺跡から出土する骨の動物学と考古学ーニワトリの起源と拡散を題材にー」『第164回日本獣医学会学術集会 獣医解剖分科会・サテライトフォーラム「北海道の博物館からの発信」』2021年9月7日(オンライン開催)
  • 菊地大樹丸山真史江田真毅「『松井章著作集 動物考古学論』の出版記念トークイベント」2021年9月5日(オンライン)
  • 江田真毅「動物考古学初級」『パラタクソノミスト(準分類学者)養成講座 動物考古学養成講座』2021年8月3日、11月13日(北海道大学総合博物館)
  • 許開軒・江田真毅「四谷一丁目遺跡における鳥類利用」『動物考古学会第8回大会』2021年7月4日(オンライン開催)
  • 江田真毅・泉洋江・米田穣・藤田三郎「弥生時代におけるニワトリの継代飼育の可能性を探る:奈良県田原本町唐古・鍵遺跡資料の検討から」『動物考古学会第8回大会』2021年7月4日(オンライン開催)
  • 菊地大樹「秦馬政再考」『第十一届全国動物考古学研討会』2021年7月(オンライン開催)
  • 菊地大樹「秦馬の実像」「国際シンポジウム 秦の淵源:秦文化研究最前線」2021年6月(オンライン開催)
マスコミ報道

2020年度

論文・研究ノート
  • 江田真毅 2020「長江下流域の初期稲作農耕社会にニワトリはいたのか?」『河姆渡と良渚 中国稲作文明の起源』雄山閣,pp. 228-232.
  • Masaki EDA, Minoru Morimoto, Toshifumi Mizuta and Takao Inoué, 2020. ZooMS for birds: discrimination of Japanese archaeological chickens and indigenous pheasants using collagen peptide fingerprinting. Journal of Archaeological Science: Reports, Vol. 34: 102635. LINK
  • Masaki EDA, 2020. The osteological microevolution of red junglefowl and domestic fowl under the domestication process. Quaternary International, Available online. LINK

B02班

2022年度

学会発表
  • Shinya SHODA. Intensification of starchy food cooking? Biomolecular and isotopic evidence from Majiabang culture pottery, Neolithic China. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)
  • 西内巧庄田慎矢「土器付着物を用いたプロテオミクスによる古代人の食生活の復元」『JPrOS(日本プロテオーム学会)2022年大会』2022年8月10日(口頭発表及びポスター発表)(北里大学)
  • Natsuki MURAKAMI. New evidence of millet consumption in the Early Iron Age of Kazakhstan by pottery lipid residue analysis. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • 西田泰民・庄田慎矢・丁品・孫国平2022「元素分析による土器供給体制への予察」中村慎一 編 『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp.207-212. 査読有
  • Melissa M. Ritchey, Yufeng Sun, Giedre Motuzaite Matuzeviciute, Shinya Shoda, Anil K. Pokharia, Michael Spate, Li Tang, Jixiang Song, Haiming Li, Guanghui Dong, Petra Vaiglova, Michael Frachetti & Xinyi Liu, 2022. The wind that shakes the barley: the role of East Asian cuisines on barley grain size. World Archaeology, ahead of print. 査読有  LINK
  • Cёда Синья 2021. Выявление растений, приготовленных в керамической посуде, с помощью археологического и биохимического методов исследований. Мультидисциплинарные исследования в археологии, 2021-2, pp. 60-88. 査読無
  • 庄田慎矢・Edward Standall・村上夏希 2021「キビの起源と拡散をめぐる考古生化学的探求」『雑穀研究』36,pp.1-8. 査読有
  • Shinya Shoda, 2021. Seeking Prehistoric Fermented Food in Japan and Korea. Current Anthropology, Vol. 62: S24, pp. S242–S255. 査読有 LINK
  • 庄田慎矢・ 新里貴之・鈴木美穂・高宮広土・タルボット=ヘレン・クレイグ=オリヴァー 2021「土器残存脂質分析による貝塚文化北限地域における動植物資源利用の復元 」『文化財科学』 83,pp.55-76. 査読有
  • 庄田慎矢・バンダリ スダルシャン・佐々木由香・村上夏希・劉歆益 2021「甘樫丘東麓遺跡出土コムギ炭化種子のユーラシア考古植物学的位置づけ」『奈文研論叢 』2,pp.29-65. 査読有
  • Shinya Shoda, Hiroo Nasu, Kohei Yamazaki, Natsuki Murakami, Geon-Ju Na, Sung-Mo Ahn, Minoru Yoneda, 2021. Dry or Wet? Evaluating the Initial Rice Cultivation Environment on the Korean Peninsula. Agronomy, Vol. 11(5): 929. 査読有  LINK
  • Enrico R. Crema, Shinya Shoda, 2021. A Bayesian approach for fitting and comparing demographic growth models of radiocarbon dates: A case study on the Jomon-Yayoi transition in Kyushu (Japan). PLOS ONE, Vol. 16(5): e0251695. 査読有  LINK
  • 庄田慎矢2021「土器調理対象物への二つのアプローチ―付着塊状試料の窒素・炭素安定同位体比と残存脂質分析からわかることの違い―」大貫静夫 編『中国考古学論叢−古代東アジアへの多角的アプローチ−』同成社. 査読無
  • 熊谷真彦水野文月・王瀝2022「良渚遺跡群出土炭化米の古ゲノミクス解析の試み」中村慎一 編 『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp.225-232. 査読無
  • Nobuhiro Tanaka, Matthew Shenton, Yoshihiro Kawahara, Masahiko Kumagai, Hiroaki Sakai, Hiroyuki Kanamori, Jun-Ichi Yonemaru, Shinichi Fukuoka, Kazuhiko Sugimoto, Masao Ishimoto, Jianzhong Wu, Kaworu Ebana, 2021. Investigation of the Genetic Diversity of a Rice Core Collection of Japanese Landraces using Whole-Genome Sequencing. Plant & cell physiology, Vol.61(12): 2087-2096. 査読有  LINK
  • Fuzuki Mizuno, Jun Gojobori, Masahiko Kumagai, Hisao Baba, Yasuhiro Taniguchi, Osamu Kondo, Masami Matsushita, Takayuki Matsushita, Fumihiko Matsuda, Koichiro Higasa, Michiko Hayashi, Li Wang, Kunihiko Kurosaki, Shintaroh Ueda, 2021. Population dynamics in the Japanese Archipelago since the Pleistocene revealed by the complete mitochondrial genome sequences. Scientific reports, Vol.11(1): 12018-12018. 査読有   LINK
  • Eiko Endo, Christian Leipe, (in press). The onset, dispersal and crop preferences of early agriculture in the Japanese archipelago as derived from seed impressions in pottery. Quaternary International. 査読有
  • Eiko Endo, (in press). Exploring seed impressions within the fabric of pottery: Using a silicone cast method for reliable identification. In: W. Kirleis, M. Dal Corso, D. Filipovic (eds.). Millet and what else?: The wider context of the adoption of millet cultivation in Europe. Sidestone Press, Leiden. 査読有
  • 村上夏希庄田慎矢 2022「須恵器の残存脂質分析に向けて―胎土の性状から見た検討―」『奈文研論叢』3,印刷中. 査読有
  • 原田幹・丁品 2022「茅山遺跡出土石器の使用痕分析」中村慎一 編 『中国江南の考古学』六一書房,中国文明起源プロジェクト,pp.11-30. 査読無
学会発表
  • 庄田慎矢・Akhan Onggaruly・村上夏希・Saule Rakhimzhanova・Byeon Eyonhwan・Nam Sanwon・Arhat Karimagambetov・Abdinur, Nuskabay・Kim Eunjeon・佐々木由香「カザフスタン先史時代のキビ利用に関する新たな考古植物学的証拠」『日本植生史学会 第36回大会』 2021年10月30日(オンライン)
  • 庄田慎矢「サイエンスとロマンのはざま :アルコール発酵を考古学する」『日本ソムリエ協会奈良支部講演会』 2021年10月1日 (ホテル日航奈良)
  • Shinya Shoda, Natsuki Murakami, Akhan Onggaruly, Yana Lukpanova, Emma Usmanova, Elina Ananyevskaya, Helen Talbot, Giedre Motuzaite-Matuzeviciute, Oliver E. Craig. Preliminary results of pottery organic residue analysis of Bronze Age to Early Iron Age, Kazakhstan. Beyond being a pastoralist in Central Asia “Margins or Nodes” concluding online conference, Mar. 26, 2021(Vilnius University)
マスコミ報道
  • 2022年1月18日 読売新聞奈良版 文化財を科学する「米粒から栽培環境復元」(庄田慎矢) 記事
  • 2021年6月26日 読売新聞奈良版 「小麦の大型品種飛鳥期に伝来?」(庄田慎矢) 記事

2020年度

論文・研究ノート
  • 原田幹2020「使用痕からみた石製収穫具の身体技法」御堂島正 編『石器痕跡研究の理論と実践』同成社,pp.223-245. 査読無
  • 原田幹・槙林啓介 2020「長江下流域における新石器時代の収穫具とその独自性」中村慎一・劉斌 編『河姆渡と良渚:中国稲作文明の起源』雄山閣,pp.275-284. 査読無
  • 原田幹2021「比較文化論としての使用痕分析:農具の場合」『考古学ジャーナル』749,pp.18-22.  査読無
学会発表
  • 庄田慎矢「文字のない時代の発酵にどう迫るか」『淡水魚消費から考える日本食文化史』 2021年2月22日 (龍谷大学農学会)
  • 庄田慎矢「先史時代の自然資源利用を明らかにするための分子レベル考古学」『4段階BK海外学者招請オンライン講演』 2021年1月18日(高麗大学校)
  • Shinya Shoda, Natsuki Murakami, Oliver Craig, Joon-ho Son, Giedre Motuzaite Matuzeviciute. Prehistoric Pottery and Beyond: Biomarker and Isomeric Identification of Crop Consumption Across Eurasia. The Origin of Eurasian Foodways and Cuisines: Environmental challenges and culinary solutions to food globalization in prehistory,  Nov. 7, 2020 (Washington University in St. Louis)
  • 庄田慎矢「土器に入れられた食材の多様性 −新石器時代と青銅器時代の比較−」『第44回韓国考古学会全国大会』 2020年11月6日(忠南大学校) 
マスコミ報道
  • 2021年2月2日 読売新聞奈良版 文化財を科学する「食べ物 残った脂質で分析」(庄田慎矢)

C01班

2022年度

学会発表
  • Junmei Sawada, Kazuhiro Uzawa, Minoru Yoneda, Yu Itahashi, Takashi Gakuhari, Shinji Kubota, Liu Bin, Wang Ningyuan, Chen Minghui, Wang Yonglei, Song Shu, Kenji Okazaki, Hirofumi Takamuku, Hirotaka Tomita, Yasuo Hagihara, Fumiko Saeki, Takashi Nara, Shin’ichi Nakamura. Human bone artifacts crafted in ancient Liangzhu, the earliest state society in East Asia. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • Eda, M., Y. Itahashi, H. Kikuchi, G. Sun, K.-h.n Hsu, T. Gakuhari, M. Yoneda, L.Jiang, G. Yang, S. Nakamura 2022. Multiple lines of evidence for early early stage domestication of geese in a 7,000-year-old rice cultivation village in the lower Yangtze River, China. Proceedings of the National Academy of Science of the United States of America, Vol. 119 (12): e2117064119. 査読有 LINK
  • Iijima, M., Y. Qiao, W. Lin, Y. Peng, M. Yoneda, J. Lin 2022. An intermediate crocodylian linking two extant gharials from the Bronze Age of China and its human-induced extinction. Proceedings of the Royal Society B, Vol. 289: 20220085. 査読有 LINK
  • Martine Robbeets, Remco Bouckaert, Matthew Conte, Alexander Savelyev, Tao Li, Deog-Im An, Ken-ichi Shinoda, Yinqiu Cui, Takamune Kawashima, Geonyoung Kim, Junzo Uchiyama, Joanna Dolińska, Sofia Oskolskaya, Ken-Yōjiro Yamano, Noriko Seguchi, Hirotaka Tomita, Hiroto Takamiya, Hideaki Kanzawa-Kiriyama, Hiroki Oota, Hajime Ishida, Ryosuke Kimura, Takehiro Sato, Jae-Hyun Kim, Bingcong Deng, Rasmus Bjørn, Seongha Rhee, Kyou-Dong Ahn, Ilya Gruntov, Olga Mazo, John R. Bentley, Ricardo Fernandes, Patrick Roberts, Ilona R. Bausch, Linda Gilaizeau, Minoru Yoneda, Mitsugu Kugai, Raffaela A. Bianco, Fan Zhang, Marie Himmel, Mark J. Hudson & Chao Ning, 2021. Triangulation supports agricultural spread of the Transeurasian languages. Nature, Vol. 599: 616-621. 査読有 LINK
  • Okazaki, K., Takamuku, H., Kawakubo, Y., Hudson, M., Chen, J., 2021. Cranial morphometric analysis of early wet-rice farmers in the Yangtze River Delta of China. Anthropological Science, Vol. 129, pp. 203-222. 査読有  LINK
  • 岡崎健治2021「歯冠サイズからみた渡来系弥生人の成り立ち」『岩永省三先生退職記念論文集』中国書店,pp.119–130. 査読無
  • 岡崎健治2021「松井横穴群出土の人骨資料」『京都府埋蔵文化財情報』第139号,京都府埋蔵文化財調査研究センター,pp. 1-14. 査読無
  • Tsutaya T, Yoneda M. 2021. Carbon and nitrogen stable isotopic data of premodern human skeletons from mainland Japan and the Ryukyu islands. Data in Brief, Vol. 38: 107359. 査読有 LINK
学会発表
  • 申亜凡・米田穣板橋悠・煙山優太・平田岳史・李唯・秦嶺・張海・趙永生・王芳・宋艶波「マルチアイソトープ分析による中国先史時代農耕拡散における ヒトの食性及び移動実態の考察」『第75回日本人類学会大会』2021年10月9日~11日(オンライン)
  • 岡崎健治「結核症からみえてきた新石器時代の稲作農耕民における‘ソーシャルディスタンス」『第16回人類学関連学会協議会合同シンポジウム「ソーシャルディスタンス」』2021年10月11日(オンライン開催)
マスコミ報道
  • 2021年11月22日毎日新聞東京夕刊 「日本語の故郷、中国東北部 農耕伴い、3000年前に九州到達 国際研究チーム発表」(米田穣) 記事
  • 2021年11月22日沖縄タイムス 「宮古島先史の人々「北側の沖縄諸島から」「南から」説を覆す 人骨DNA分析で100%縄文人」(米田穣) 記事
  • ワニ関係(米田穣)
  • ガチョウ関係(米田穣)

2020年度

学会発表
  • 岡崎健治 「5000年前の初期稲作農耕民は結核症を患っていた」山梨県高等学校教育研究会生物分科会・東京都生物教育研究会・日本人類学会人類学普及委員会共催『オンライン研修会(高校生物・地理歴史)「古人骨からみた病気と社会」』2020年11月28日(オンライン開催)

C02班

2022年度

学会発表
  • Takashi GAKUHARI. Reconstruction of sex-biased migration in the middle Neolithic China using Sr isotope analysis. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • Niall P. Cooke, Valeria Mattiangeli, Lara M. Cassidy, Kenji Okazaki, Caroline A. Stokes, Shin Onbe, Satoshi Hatakeyama, Kenichi Machida, Kenji Kasai, Naoto Tomioka, Akihiko Matsumoto, Masafumi Ito, Yoshitaka Kojima, Daniel G. Bradley, Takashi Gakuhari, Shigeki Nakagome, 2021. Ancient genomics reveals tripartite origins of Japanese populations. Science Advances 7(38): eabh2419. 査読有  LINK
  • 覚張隆史・山崎京美2021「市川市出土縄文・古代犬骨のゲノム解析に向けての事前調査報告」『市史研究 いちかわ』12号,pp. 120-131.
  • Koji Ishiya, Nobutaka Nakashima, 2022. Comparative Genome Analysis Reveals Accumulation of Single-Nucleotide Repeats in Pathogenic Escherichia Lineages. Current Issues in Molecular Biology, Vol. 44(2), pp. 498-504. 査読有
  • Koji Ishiya, Sachiyo Aburatani, 2021. Multivariate statistical monitoring system for microbial population dynamics. Physical biology, Vol. 19(1). 査読有
  • Marie Saitou, Skyler Resendez, Apoorva J Pradhan, Fuguo Wu, Natasha C Lie, Nancy J Hall, Qihui Zhu, Laura Reinholdt, Yoko Satta, Leo Speidel, Shigeki Nakagome, Neil A Hanchard, Gary Churchill, Charles Lee, G Ekin Atilla-Gokcumen, Xiuqian Mu, Omer Gokcumen, 2021. Sex-specific phenotypic effects and evolutionary history of an ancient polymorphic deletion of the human growth hormone receptor. Science Advances, Vol. 7(39): eabi4476. 査読有
  • Alpaslan-Roodenberg S, Anthony D, Babiker H, Bánffy E, Booth T, Capone P, Deshpande-Mukherjee A, Eisenmann S, Fehren-Schmitz L, Frachetti M, Fujita R, Frieman CJ, Fu Q, Gibbon V, Haak W, Hajdinjak M, Hofmann KP, Holguin B, Inomata T, Kanzawa-Kiriyama H, Keegan W, Kelso J, Krause J, Kumaresan G, Kusimba C, Kusimba S, Lalueza-Fox C, Llamas B, MacEachern S, Mallick S, Matsumura H, Morales-Arce AY, Matuzeviciute GM, Mushrif-Tripathy V, Nakatsuka N, Nores R, Ogola C, Okumura M, Patterson N, Pinhasi R, Prasad SPR, Prendergast ME, Punzo JL, Reich D, Sawafuji R, Sawchuk E, Schiffels S, Sedig J, Shnaider S, Sirak K, Skoglund P, Slon V, Snow M, Soressi M, Spriggs M, Stockhammer PW, Szécsényi-Nagy A, Thangaraj K, Tiesler V, Tobler R, Wang C-C, Warinner C, Yasawardene S, Zahir M. 2021. Ethics of DNA Research on Human Remains: Five Globally Applicable Guidelines. Nature, Vol. 599: 41–46. 査読有
  • Shiba, T., Komatsu, K., Sudo, T., Sawafuji, R., Saso, A., Ueda, S., Watanabe, T., Nemoto, T., Kano, C., Nagai, T., Ohsugi, Y., Katagiri, S., Takeuchi, Y., Kobayashi, H., Iwata, T. 2021. Comparison of Periodontal Bacteria of Edo and Modern Periods Using Novel Diagnostic Approach for Periodontitis with Micro-CT. Frontiers in Cellular and Infection Microbiology, Vol. 11: 723821.  査読有
  • Tsutaya, T., Mackie, M., Sawafuji, R., Miyabe-Nishiwaki, T., Olsen, J. V., Cappellini, E. 2021. Faecal proteomics as a novel method to study mammalian behaviour and physiology. Molecular Ecology Resources, Vol. 21(6): 1808–1819. 査読有
学会発表
  • 澤藤りかい「古代の病原体DNA解析——その動向と評価について」『人文学のための古代DNAセミナー』2022年1月29日(オンライン開催)
  • 澤藤りかい・上原麗・加藤均・植田信太郎・木村亮介・石田肇「現代人歯石からの食物DNA解析」『日本人類学会大会』2021年10月9日(オンライン開催)
  • 覚張隆史「遺跡出土骨の全ゲノム解析における方法論的検討」『日本動物考古学会 第8回大会』2021年7月4日(オンライン開催)
マスコミ報道
  • 2022年1月 Archaeology Magazine “Japan’s Genetic History”(中込滋樹) 記事
  • 2021年9月18日 REUTERS “Study rewrites understanding of modern Japan’s genetic ancestry”(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 毎日新聞(全国) 「日本人祖先は大陸から来た3集団人骨のゲノム解析金沢大など」(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 読売新聞(全国) 「現代日本人のルーツは縄文人・北東アジア・東アジア…弥生時代の人骨を金沢大など解析」(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 朝日新聞・朝刊(全国) 「現代日本人 古墳にルーツ?」(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 朝日新聞・朝刊(愛媛版) 「久万高原・上黒岩遺跡の人骨、金沢大などゲノム解析成功国内最古例」(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 愛媛新聞・朝刊 「現代日本人の起源、古墳時代人を加えた3祖先由来を初実証金沢大助教ら国際研究グループ発表」(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 山陰中央新報・朝刊 「日本人ゲノムは三重構造」(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 北日本新聞・朝刊 「日本人のルーツ3集団小竹貝塚(富山)など6遺跡で人骨ゲノム解析」(覚張隆史)
  • 2021年9月18日 北國新聞・朝刊 「日本人に「第3の祖先」 金沢大など研究チーム」(覚張隆史)
  • 2021年9月17日 The Irish Times “Irish scientists use ancient DNA technology to rewrite early Japanese history”(中込滋樹) 記事
  • 2021年9月17日 Reuters “Study rewrites understanding of modern Japan’s genetic ancestry”(中込滋樹) 記事

2020年度

マスコミ報道
  • 2020年12月10日 朝日新聞・朝刊(全国) 「縄文人、東アジアの最古級人類?金沢大・東大などDNA解析」(覚張隆史)
  • 2020年11月30日 北日本新聞・朝刊 「縄文期に魚食の犬 富山市の小竹貝塚発掘10年、覚張隆史金沢大学助教に聞く」(覚張隆史)
  • 2020年9月24日 読売新聞・朝刊(全国) 「現生人類 南ルートで東アジア進出か」(覚張隆史)
  • 2020年9月3日18:00~19:00 NHK・金沢支局 「縄文人ゲノム関連のTV報道, かがのとイブニング」(覚張隆史)

公募研究(2021年10月以降)

2022年度

論文・研究ノート
  • Alexandros G. Sotiropoulos, Epifanía Arango-Isaza, Tomohiro Ban, Chiara Barbieri, Salim Bourras, Christina Cowger, Paweł C. Czembor, Roi Ben David, Amos Dinoor, Simon R. Ellwood, Johannes Graf, Koichi Hatta, Marcelo Helguera, Javier Sánchez-Martín, Bruce A. McDonald, Alexey I. Morgounov, Marion C. Müller, Vladimir Shamanin, Kentaro K. Shimizu, Taiki Yoshihira, Helen Zbinden, Beat Keller, Thomas Wicker, 2022. Global genomic analyses of wheat powdery mildew reveal historical co-migration with humans. Nature Communications 13: 4315. doi.org/10.1038/s41467-022-31975-0, https://www.nature.com/articles/s41467-022-31975-0. 査読有
学会発表
  • Meng LYU, Mingzhi MA. Beginnings of roof tile production in Neolithic North China focusing on identification of prehistoric roof tiles. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)
  • Yu ITAHASHI. Elucidation of pig utilizations in Neolithic Southern China by compound specific isotope analysis. The Ninth Worldwide Conference of the Society for East Asian Archaeology. July 3, 2022. (Online)

2021年度

論文・研究ノート
  • 齊藤希 2022「中国における最古級の瓦とその分布について」『考古学論攷』第45冊,pp.11-20 査読無
  • 齊藤希 2021「中国黄土高原地帯の新石器時代に関する新知見―石峁遺跡の調査成果と課題―」『青陵』第164号,pp.4-8 査読無
  • Nakamura D., Tamura T., Eregzen G., Lochin Ishitseren & Odbaatar T. 2022. Scientific and archaeological approach for the Glass beads trade of Xiongnu and Xianbei. Studia Archaeologica, Tomus XL, Fasciculus 6, pp. 50-59. 査読有
  • Tamura T., Nakamura D., Bayarsaikhan J., Houle J. & Tuvshinjargal T. 2021. Scientific analysis on the glass beads from the xiongnu burial of Zamiin Utug. Nomadic heritage studies. Tomus XXII-II, Fasciculus 1- 22, pp. 89-102. 査読有
  • 中村大介2021「ウマの家畜化: 騎乗までの道程」『「考古学からみた古代東アジアの馬利用」人文研アカデミー2021シンポジウム要旨集』,pp.1-2. 査読無
  • Eda, M., Itahashi, Y., Kikuchi, H., Sun, G., Hsu, K.-h., Gakuhari, T., Yoneda, M., Jiang, L., Yang, G., Nakamura, S., 2022. Multiple lines of evidence of early goose domestication in a 7,000-y-old rice cultivation village in the lower Yangtze River, China. Proceedings of the National Academy of Sciences. Vol. 119 (12): e2117064119. 査読有 LINK
  • M. Robbeets, R. Bouckaert, M. Conte, A. Savelyev, T. Li, D. An, K. Shinoda, Y. Cui, T. Kawashima, G. Kim, J. Uchiyama, j. Dolinska, S. Oskolskaya, K. Y. Yamano, N. Seguchi, H. Tomita, H. Takamiya, H. Kanzawa- Kiriyama, H. Oota, H. Ishida, R. Kimura, T. Sato, J. H. Kim, B. Deng, R. Bj, S. Rhee, K. D. Ahn, I. Gruntov, O. Mazo, J. R. Bentley, R. Fernandes, P. Roberts, I. R. Bausch, L. Gilaizeau, M. Yoneda, M. Kugai, R. A. Bianco, F. Zhang, M. Himmel, M. J. Hudson and N. Chao, 2021. Triangulation supports agricultural spread of the Transeurasian Languages. Nature, Vol. 599: 616-621. 査読有 LINK
  • 呂夢・沈麗華・朱岩石・何利群(印刷中)「鄴城遺址核桃園5号建築基址出土瓦製品的製作工芸与生産模式研究」『首届中国考古学大会論文集』科学出版社 査読無
  • 呂夢・張慶捷2022「瓦からみた雲崗石窟窟頂西区寺院の造営過程」『2021年度日本中国考古学会大会予稿集』,pp.53-60 査読無
学会発表
  • 呂夢「唐長安西明寺における蓮華文瓦当の変遷―様式・技術とその背景にある生産集団―」『「ロシア沿海地方における渤海(698~926年)遺跡出土遺物編年の基礎的研究」2021年度・第2回科研研究会』2022年3月13日(オンライン開催)
  • 呂夢・張慶捷「瓦からみた雲崗石窟窟頂西区寺院の造営過程」『2021年度日本中国考古学会大会』2022年1月8日(オンライン開催)
  • 齊藤希中国初期王朝形成期の長城地帯と中原地域の間における文化要素の伝播・受容とその背景」『九州史学会2021年度大会』2021年12月11日(オンライン開催)
  • 中村大介2021「ウマの家畜化: 騎乗までの道程」『「考古学からみた古代東アジアの馬利用」人文研アカデミー2021シンポジウム』2021年11月21日(オンライン開催)
  • 萩原康雄・一条望「江戸時代の社会階級の違いが外後頭隆起の形状に与える影響を探る」『第21回新潟医療福祉学会学術集会』2021年10月30日(オンライン開催)
  • L. Nishimura, A. Tanino, A. Ajimoto, K. Inada, T. Katsumura, M. Ogawa, K. Koganebuchi, D. Waku, R. Sugimoto, M. Kumagai, H. Oota, I. Inoue. Gut microbiome analyses of ancient individuals, so called “Jomon”, lived in Japanese archipelago. ASHG virtual meeting 2021, Oct.18-22, 2021(Online)
  • 萩原康雄「縄文時代時集団の腓骨骨幹部の弯曲について」『第75回日本人類学会大会』2021年10月9日―11日 (オンライン開催)
  • 板橋悠「体組織の同位体分析でみるヒトの食の一万年」『第75回日本人類学会大会』2021年10月9日(オンライン開催)
マスコミ報道